現金化にはクレジットカードのショッピング枠の換金で

クレジットカードを利用して現金を手にする方法はよく知られています。もちろんカードにキャッシング枠が設定されている人であればまずはそれを使っていることでしょうが、残念ながら一般的なクレジットカードのキャッシング枠というのはさほど高くありません。おそらく、既に上限まで借りているという人も多いでしょう。
このような場合、手軽に行える現金化が、ショッピング枠を利用した換金です。ショッピング枠を利用して買い物をし、それを業者に持ち込んで買い取ってもらい、現金を手にするわけです。もちろん、買った金額の100%で買い取ってはもらえず手数料を差し引かれますし、カードの利用代金はカード会社から後日請求されるわけですが、それまでの間、この現金化はいわば先にお金を借りたのと同じことになります。カードの支払いを翌月一括払いではなく分割払い、リボ払いなどにしておけば、ほどんどカードローンと変わるところはありません。
この方法は、購入したものを業者に買い取ってもらう必要があるという点で少し手間がかかりますが、少なくともカードローンのような審査はありません。というか、実際には審査が無いわけではなく、クレジットカード申し込み時に既に審査を受けているというのが正しいでしょう。

このようなクレジットカードのショッピング枠の現金化、換金ですが、特に問題はないのかと思われるかもしれません。実は、クレジットカード会社の規則として、利用状況に不審点がある場合にはカードの利用停止することがあると書かれており、その中に換金性の高い商品を高額、頻繁に購入している場合というのが含まれています。このような現金化は多重債務者の温床と言われているために、カード会社としてはそのような使い方はカード本来の使い方ではなく、止めて欲しいというのが本音だからです。
ですから、明らかに換金性の高い商品を頻繁、高額に購入していると、この規則を盾にとってカード利用をストップされるかもしれません。各種チケット、ギフト券、商品券、新幹線回数券その他、大量に購入するのはどうみても怪しいです。そういう意味では、業者を利用し、多少の手数料を支払っても、明らかに換金性が高いとはいえないような商品を購入し、現金化することが適切と言えるでしょう。そのような商品では、単価の高いものもありますので、ギフト券のように大量に購入するような必要は全くありません。しかも、クレジットカードで普通に買う人も多いですから、カード会社に目を付けられるような可能性も限りなく低いといえます。

携帯電話の現金化・換金は三つ葉STORE

PAGETOP
Copyright © 現金化と換金のノウハウ All Rights Reserved.